そこんとこ気になる

気になった事をその都度ブログに掲載してます。

生活

熱中症の原因をわかりやすく解説!対策方法や予防、私生活でも気を付けたい点は?

投稿日:2017年6月7日 更新日:

熱中症って言葉を絶え間なく聞くようになりましたね・・・
それこそ、時期になるとひっきりなしにテレビのニュースから流れてくる「熱中症」。

そもそも、熱中症になる原因ってなんなのか?
また、予防・対策は可能なのか?

そんな気になる情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

熱中症の原因をわかりやすく解説します

まず、熱中症にかかってしまう原因として、高温多湿環境に居続けてしまう事が原因の1つです。
日本は地域の差はあるものの、世界的にみると高温多湿環境です^^;

高温である事はここ数年の間で騒がれている温暖化の影響なんでしょうが、多湿ってのが中々曲者ですよね・・・

そしてその高温の元である太陽の光、こちらを長時間受け続けてしまったり、それによって失われていく水分の補給を怠ってしまうと熱中症にかかりやすくなってしまいます。

さらに高温多湿の環境下で活動しているのにも関わらず、休憩を取らなかったりする事も正直熱中症を引き起こす原因となってしまいます。

とここまで原因続きなので理由をお話しますと、高温多湿環境に居続けてしまうと、その分どうしても自分の体に熱を溜め込みやすくなってしまいます。
その身体に溜まった熱を冷やそうとして人は汗をかきますよね?

そのかいた汗の元は自分の身体にある水分から汗を作っているという事はご存知だと思いますが、結果としてそのサイクルのどこかしらに問題があると熱中症になってしまうという事なんですよね。

ちなみに、そんな高温多湿の環境下に居て、汗をかかなくなったらかなりの危険信号です。
そして水分補給も喉が渇いたなぁと思った時には既に手遅れな場合がほとんどです。

また、普段からあまり運動をしなかったりする人もなりやすい傾向にあるんですよね・・・
こちらに関しては、気温に対して身体が上手く順応できない時に起こりやすく、高齢者や乳幼児がかかりやすいと言った傾向です。

そしてさらに、寝不足が続いている人もかかりやすい^^;(案外自分だったりする・・・)
寝不足が続くと言う事は、それだけ身体を休ませることが出来ていない為、身体が前日の、更にはもっと前の日の疲れを引きづってしまっている状態です。
この状態を続けていると、疲れがさらに上乗せでやってくるので、熱中症は元よりそのうち倒れてしまいますよね・・・

と、こんな感じの状態が続く事により熱中症が起こってしまう訳です。

熱中症の対策方法、気を付けるポイントとは

では熱中症にならない為に気を付けた方がいい事なんなのか?
どんな事をした方がいいのかと言いますと。

水分をこまめに取る事、こまめと言っても一気に飲むのではなく、一回の摂取量としての目安は口の中に少し含む程度の量を適度なタイミングで摂取する事です。
一気に取ってしまうとお腹も苦しくなってしまいますし、この摂取の仕方は夏バテになってしまう原因にもなりかねません。

また人は汗をかくと大量の水分と塩分、ミネラルを失ってしまうのでそれを補給すること。
こちらに関しては塩タブレットや飴などでも代用が効きますよね? この事からスポーツドリンクが熱中症対策に良いと言われている理由にもなります。

また、麦茶もミネラルが豊富に含まれているので、スポーツドリンクみたいな甘いのが苦手な人はこちらもおすすめです^^
ちなみに。麦茶で塩分は取る事が出来ないので、その辺りは塩タブレットや飴で補って頂いた方がいいですね^^;

ただ水分と言っても、カフェインを含んでいる物、アルコール類はもってのほかですよ?
コーヒーやビールなどは水分補給したことになりません。
コーヒーやアルコール類は利尿作用が働いてしまいますので、摂取したものをそのまま体の外に出してしまいますので、夏場の水分補給には適していません。

そして、日光が直接当たらないような場所でこまめに休む事、出来れば木陰などが理想ですね。
もし、木陰が無い場合には濡らしたタオルを頭の上に乗せる事でも同じ効果が得られますよ^^

スポンサーリンク

熱中症を予防する為に普段の生活でも気を付けたい点

対策以前のお話になりますが、普段の生活でも熱中症を予防するために気を付けておきたい点もあります。

普段からできる対策方法で熱中症の予防対策として、出来る限り汗をかける体質を作っておく事です。
先ほどお話しました、汗をかかなくなったら危険状態というお話をしましたが、これが普段から汗をかかないような人は要注意です。

人は汗をかく事により体温調節をしています。
この汗をかかないと言う事は、身体に熱を閉じ込めたままの状態と言っても間違いではありません。
なので、普段の生活で少しづつ汗をかく習慣を付けて頂いた方がはるかに熱中症にかかるリスクを減らすことが出来ます。

軽いジョギング、ウォーキング、サウナに入る、普段より少し熱めのお風呂に入る、辛い物を食べる、ラーメンや鍋など、あえて夏に熱い物を食べるなど自分からあえて汗をかきに行くような状態を日頃から少し意識するだけで、大分変ってきます。

また、食べ物に特化すると、クエン酸を摂取することにより疲労回復を手助けしてくれるのでこちらも一緒に摂取するようにすると夏場に負けない身体作りに一役買ってくれますので、是非一緒に摂取して頂く事をおすすめします^^

まとめ

いかがでしたか?
熱中症って意外と普段から気にかけていると案外起こりにくいものだったりするんです。
ただ、無理は禁物。
少しでも熱中症のような症状が現れたら、自己判断はせず、必ず病院での診察を受けてくださいね?

スポンサーリンク

-生活
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

生活

熱中症で会社を中々休めない。病院での診断書で仕事中に症状が出たら労災は適用される?

気を付けているつもりでも意外となってしまう熱中症。 なってしまった物は仕方ないですよね・・・ しっかりと直して体調を万全に整えたいと思う人は多いはず。 なのにも関わらず会社が休みをくれない!!! 理由 …

続きを読む

生活

トラックボールと光学式マウスの違いとそのメリットやデメリットは?

最近、光学式マウスからトラックボール式のマウスに変えました^^ と言いますのも自分の場合、作業スペースが極端に狭い所でして・・・ と言うのは言い訳で以前こちらの記事で書いたごろ寝デスクを使っているので …

続きを読む

生活

こたつでパソコンをすると疲れる、こたつでの姿勢と長時間使うときのコツ

最近、パソコンでの作業がかなーり増えてきてめんどくさがりな自分は専用の机なんかは買わずに、こたつで作業してます。 なんですが、どうも長時間使っていると背中、腰が痛くなるんですよねw 猫背が原因だと思う …

続きを読む

生活

通夜と葬式の両方に香典って包むの?どっちに包む?金額は?

お通夜やお葬式に出席される際に無視できないであろう香典。 でも、お通夜とお葬式の両方に出向く場合には一体どっちに香典を渡せばいいの?? それともお通夜とお葬式両方に香典は必要なの??^^; 片方しか出 …

続きを読む

生活

秋の衣替えは時期と気温を上手く利用するとちょっとしたコツで手軽に出来る?

衣替えの時期って何かと憂鬱ではありませんか? 一気にあわただしさが来るっていうか・・・ 今までと気候が変わるだけなのにそれに伴って色々と片して、更には今までタンスに入っていたものを徐々に?一気に?出す …

続きを読む