そこんとこ気になる

気になった事をその都度ブログに掲載してます。

夏の行事

お盆のお供えでのしを薄墨で書く意味は?表書きの印刷や名前について

投稿日:2017年5月12日 更新日:

お盆のお供え物をデパートなどで買ってのしを付けて貰った事はありますか?
その時の表書き、薄墨で書いているデパートや百貨店はありませんでしたか?

この薄墨で書く事って実は意味があるんですよ。
「え?普通の黒で書いてはいけないの?」

そんな疑問を抱かれた方は是非この記事を参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
  

お盆のお供えののしを薄墨で書くのはなぜ?

買ったお供え物ののしの表書きを薄墨で書いてくれるお店はかなり親切だと言えます。
と言いますのも、本来は薄墨でのしの表書きを書くからなんですが何故、薄墨で書く事が丁寧になるのでしょうか。

薄墨で書くようになったそもそもの理由は人の気持ちから薄墨で書く事が始まりです。
突然の訃報に涙が止まらなくなり、筆で書いたところに涙が落ちて筆で書いた文字が滲み、色が薄くなったと言うのが、薄墨で書くようになったことの発端だそうです。

ですので、お店で買ったときにのしを薄墨で書いてくれるお店は良心的と言えるのはここの部分が関連してるんですね。
最近ではあまりその辺りの意識は持たれていないようですが、やはり常識としては知っておいて間違いありませんよね^^;

その時の心境、気持ちを表すために薄墨を使うと言うことが定着しているのだと自分は理解しています。
でも、だからと言って特別薄墨で書かなければいけないという理由はありません。

ありませんが、薄墨以外で書く場合には

黒の筆ペンで書く事
使って書くときはボールペンで書くことは避ける事

以上の2点に気を付けて頂ければなんら問題もありません。
そもそも薄墨で文字を書くような機会はあってほしくないものですしね・・・

のしの表書きを印刷で出しても問題ないか

先ほど述べたように、特別薄墨で書かなければいけないという理由はありません。
また、筆ペンを使う事に抵抗がある方もいらっしゃると思います。
自分なんかは特に字もお世辞でも上手いとは言えませんので^^;

文字を書く事が苦手であれば印刷するのもありですよ^^
最近ではのしのデザインもネット上でダウンロード出来るようになってます。

なので、デザインをダウンロードして表書きをワードやペイントなんかで文字だけ入力すればのしとして出来上がりますよね。
また、お店で買ったお供え物に着けてもらうのしでも印刷で対応してるところもあるぐらいですので、決しておかしい感じにはならないと思いますよ?

こちらの方法に関しては文字を書くのが苦手な方向けになりますので、極力ご自身で書かれた方が、気持ちのこもったお供え物のイメージは強くなります。

スポンサーリンク

お供えで付けるのしの名前、書き方は?

のしに書く名前の重要性としては、誰から送られて来た物か?
が分かる事が大前提です。

例えば、兄弟間で1つのお供え物を贈る場合にはフルネームでの記載ではなく名前での連盟と言う形をとったほうがよいと言えますし
これがはたまた会社の同僚数名で贈ると言った場合には苗字での連盟で贈った方が貰った方としてみると分かりやすいです。

こちらに関してはケースバイケースになるので、ご自身がどのような立場の方にお供え物を贈るかによって変わると言う事を覚えておいてください。

また、個人で贈るというよりも家から家に贈るという考え方が本来のあり方です。
誰かに託す場合、もしくはご自身が代表してお供え物を持っていく場合においても預かってきたと言う形にしてそれぞれの苗字でお供え物を贈るという形を取った方がよいと言えます。

そして、のしの表書きはお供、もしくは御仏前と書く事が一般的とされています。
こちらに関しては地域でまちまちな部分がありますので、それぞれの地域に合わせてお書き頂くか、販売店さんで聞いて頂いた方が場合があります。

まとめ

のし一つとっても以外と知られていない暗黙のルールみたいなのがあります。
知っているのと知らないのとでは雲泥の差です。
是非、この記事を参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

-夏の行事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夏の行事

お盆に迎え火と送り火ができない場合には提灯だけでも問題ないか?

お盆を迎えるにあたって、迎え火と送り火ってあるのはご存知でしょうか? 中にはきちんとした理由を分かっておらず、なんとなくでやっている方もいらっしゃると思います。 また、火を使えない様な場合にはどのよう …

続きを読む

夏の行事

七夕の笹ってどこで売っているの?造花で代用って効くの?

七夕が近づくにつれて、出てくる問題。 笹をどうするか? これ、結構な悩みの種だったりしませんか? 近くに竹林がある方なら迷う必要もないと思うのですが、でもそんな方でももっと立派な竹(笹)が欲しいなぁと …

続きを読む

夏の行事

お盆の提灯は新盆の時は白提灯?飾り方や飾っておく期間は?

お盆に飾る提灯ですが、飾っているお宅と飾ってないお宅があるかと思います。 でも、本当の所はどっちなんでしょうか? また、飾り方もお宅個々で違いが出てくると思います。 なぜそのような違いが出てくるのでし …

続きを読む

夏の行事

土用の丑の日の意味と由来は?うなぎを食べる意味とうのつくものとの関係

夏の土用の丑の日。 この言葉を聞いてうなぎを想像した人は多いのではないのでしょうか? そもそも何故土用の丑の日なんでしょう? そして、必ずうなぎでないと食べてはいけないのか? はたまた、うなぎ以外に何 …

続きを読む

夏の行事

お中元のお返しは必要?両親には?お返しする場合の金額は?

夏の時期になってやってくるお中元。 貰うのはいいんですが、お返しってそもそも必要なのかなぁって思っている方も少なくないと思います。 でも、なんとなく返さないと失礼なんじゃないかって思いますよね? その …

続きを読む