そこんとこ気になる

気になった事をその都度ブログに掲載してます。

夏の行事

お盆のお供えのお返しは?お返しする時の品物や親戚の場合は?

投稿日:2017年5月12日 更新日:

お仏壇があるお宅に付き物のお供え物。
故人と親しみがあった方からお供え物を頂く機会も増えると思います。

貰ったお供え物ってお返しをした方がいいのでしょうか?
貰ったからには返さなければいけない・・・と言った思考が働くと思います。
では、お供え物のお返しはしないといけない物なのでしょうか?
それとも返さなくてもよい物なのでしょうか?

その辺りの確認を今一度しておきましょう。

スポンサーリンク
  

お盆のお供えのお返しは?

そもそもお盆にお供えするのは故人に対してお供えするものであって、貰った人宛ではない事が普通です。
まぁ、故人と言いますかご先祖様ですね。

基本としてはご先祖様にお供えする物ですので、お盆のお供え物のお返しは基本的にしなくてよいと言えます。

また、新盆(初盆)に関しても基本的にはお返しは不要です。
中には故人に代わってお供え物のお返しをする方もいらっしゃいますが、頂いた数だけお返しをする事になると思いますので、経済的にも相当厳しい感じになると思います。

なので、そこに関しては送って頂いた相手の気持ちを汲んで、謙虚に受け取って頂いた方が後に面倒な事にならずに済むと思います。
仮に一回でもお返しをしてしまうと、毎年送り返さないといけなくなったりしてしまいますので、この場合はお返しはしない方が良いと言えますよね^^;

また、どうしても・・・と考えていらっしゃる方は、お返しをする代わりに一言電話なりきでお礼の言葉を伝えて頂くといいと思いますよ^^
やはり、頂いてばかりでは申し訳ないと思うのは日本人のいいところですからね。

ただ、原則としてはお返しは不要ですと言う事は念頭に置いといてください。

お供えのお返しをするときの品物

これは地域によって差があるみたいです。
自分の家の場合ですと、よほど親密な関係にない限りお返しはしませんので^^;
また、お返しをすると言うよりも電話にてお礼を言うぐらいですね。。。

ただ地域によっては返礼品と言ってお供え物を持ってきて頂いた方用にお返しを用意する事があります。
お返しと言ってもそんなに高い物ではなく、500~1500円あたりの価格の物をお供え物を持ってきて頂いた方にお返しをする、と言った形です。

品物的にはおせんべいだったり、ちょっとしたゼリー、余っても困らない物を選ぶことが基本です。
あまり賞味期限が近いものなんかだと消費するのに時間を気にしないといけなかったりすることがありますので、その辺りは日持ちするものを選んで頂いた方がいいですよ^^

ただ、この返礼品については地域によってあったりなかったりですので、住んでる地域の方に聞いてみてからの方がいいと思いますよ^^;
ちなみに自分の地域にはこのような風習はありません。

スポンサーリンク

お供えのお返し、親戚はどうする?

恐らくお返しをした方がいいかどうかで一番迷ってしまう所であると思います。
基本的にはお返しは不要と先ほどお伝えしましたが、親戚からとなるとちょっとどうなの?ってなる方が多いと思います。

もし、近い親戚からのお供え物であればお返し、と言うよりもそちらの家庭の仏様にもお供え物を持っていく必要があります。
仏様がいらっしゃらない場合には純粋にお返しと言う形を取って頂いた方がいいでしょう。

兄弟ぐらいの間柄であればお返しは必要ありません。言っても肉親になりますので^^;

ただ一番困るのがハトコ辺りの間柄です。
こちらに関しては気持ちの品物(高価な物でなく、ほんの気持ち分)でお供え物の形をとるか、お気持ちのお返しでと言う感じでお渡し頂ければいいと思います。

ここら辺は気持ちの問題が大きいと思いますので、あなた様との間柄を考えて返すべきか返さないべきかを判断して頂いて構いません。

まとめ

つい頂き物のイメージが染みついてしまっているので、貰ったもののお返しはしないといけない的な雰囲気になりがちですが、お供え物は仏様にお供えするものですのでお返しの必要は基本的にはありません。

勘違いしてしまいがちですが、そこはきちんと念頭に置いといてくださいね^^

スポンサーリンク

-夏の行事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夏の行事

お中元を送るのをやめる時には?タイミングは?手紙は必要?

毎年、送ることが当たり前になっているお中元。 当たり前になっているからこそ、送ることをやめたい。 また、何かを転機にやめたいと思っている方も多いのではないでしょうか? そんなお中元を送ることをやめよう …

続きを読む

夏の行事

土用の丑の日の意味と由来は?うなぎを食べる意味とうのつくものとの関係

夏の土用の丑の日。 この言葉を聞いてうなぎを想像した人は多いのではないのでしょうか? そもそも何故土用の丑の日なんでしょう? そして、必ずうなぎでないと食べてはいけないのか? はたまた、うなぎ以外に何 …

続きを読む

夏の行事

お盆に迎え火と送り火ができない場合には提灯だけでも問題ないか?

お盆を迎えるにあたって、迎え火と送り火ってあるのはご存知でしょうか? 中にはきちんとした理由を分かっておらず、なんとなくでやっている方もいらっしゃると思います。 また、火を使えない様な場合にはどのよう …

続きを読む

夏の行事

七夕に使う笹の保存方法は?気になる日持ちや造花の選択肢は?

七夕に欠かせないと言ってもいいぐらいの主役になるであろう笹。 あの青々とした笹を出来る限り劣化させないで七夕当日まで持たせる事が出来たらなぁと思ったことありませんか? 実はちょっとした手間をかけてあげ …

続きを読む

夏の行事

お盆に牛や馬をお供えする意味とお供えする向きとその作り方

お盆を迎えるにあたって、きゅうりとなすで作ったお供え物を見たことがあると思います。 あれって実はご先祖様を迎え入れる、もしくは送り届けるためにとっても大事な物なんですよ。 お供えするのは知ってるんだけ …

続きを読む