そこんとこ気になる

気になった事をその都度ブログに掲載してます。

夏の行事

七夕の笹ってどこで売っているの?造花で代用って効くの?

投稿日:2017年4月27日 更新日:

七夕が近づくにつれて、出てくる問題。
笹をどうするか?

これ、結構な悩みの種だったりしませんか?
近くに竹林がある方なら迷う必要もないと思うのですが、でもそんな方でももっと立派な竹(笹)が欲しいなぁと思った経験はあるのではないかな?と思います。

スポンサーリンク
  

七夕は笹どこで売っているのか?

「そもそも七夕の笹って売っているの?」と、むしろこのご時世ですから取り扱いが無い物なんてそうそうないでしょうねw

でも、そんなこのご時世でも笹を売っている所を探すのは容易ではありませんよ?
実は笹の取り扱いって、ホームセンターでの取り扱いはほぼ無いと思って頂いた方がいいです。

と言いますのも、笹って採取をした段階から枯れてしまいますので、そんなすぐ枯れてしまう物をホームセンターに何週間、何か月と置いておくと売れる物も売れなくなってしまうからなんですよ。

「じゃあどこにも売っていないというのか!!」
いえいえ、実はこれが結構盲点でして、実は売っている所が身近にあるかもしれませんよ?
あなた様の家の近く、もしくは町中に花屋さんはありますか?

そうです!花屋さんですw

実はここが盲点でして花屋さんが意外にも七夕の時期が近づいてくると扱い始めてくれる所が結構あったりするんですね。
もし、お近くに花屋さんがあるのでしたら、聞いて頂いた方がいいですよ?
比較的七夕が近くになってくるとどこの花屋さんも取り扱ってくれます。

また、お店にないとしても予約を入れる事で仕入れてくれる事も出来ますので、お店になくともガックリしなくて大丈夫ですよ^^

もし仮にもダメであっても何件かはしごしてみると取り扱ってくれている花屋さんが見つかると思います。
もし、花屋さんが全滅・・・、どーしよーってなってもまだ、諦めないでください!

造園屋さんを当たってみるのも1つの手ですよ!
普段からお庭を造っている職人さんなのでその辺りのつては持っている可能性が高いです。
もし花屋さんをローラー作戦してもダメだった場合は造園屋さんも視野に入れて探してみて下さい^^

あと、大事なのは取りに行く日取りです。
笹を取りに行くときは出来るだけ七夕の当日に取りに行くのが一番いいですよ!
どんなに早く取りにいくとしても、七夕の前の日に取りに行くようにした方がいいです。
笹の劣化はとてもはやいですので^^;

笹の保管方法についてはこちらの記事を参考なさってください
七夕に使う笹の保存方法は?気になる日持ちや造花の選択肢は?

七夕の笹を造花ってどうなの?

「そりゃ本物使う事が出来ればそれに越したことないけど、どうしても入手できなかった時に造花での代用ってありかな?」

こちらに関しては、正直造花の質によりけりです。
最近では造花のクオリティも高くなってきていますので、本物に非常に近く、また遠目から見たら思わず本物なのか、偽物なのか見分けがつかない時があるぐらいです。

また最近では100均などの普及もあり、比較的造花が身近な存在にもなりつつあります。ですが、やはり本物と比べてしまうとクオリティにかける部分はどうしても出てきてしまいます。

特に笹に関してはあの独特な緑色を造花で表現するのにはかなり難しいと思いますね・・・
どうしても入手に困るようであれば100均で調達して飾り付けをすれば子供たちとしてみればないよりもあったほうがいいに越したことはありません!!

また、100均にこだわりが無いのであればネットで探してみるのもアリですよ!
ネットですと市販には出回ってないようなクオリティの高い笹の造花が売っていたりしますので、こちらも参考になさってみるのもいいと思います。

造花で七夕をするメリットは年をまたいでも笹が使える事です。
また、日に当たらないように保管をすれば色褪せの心配も皆無です。
デメリットだらけのように思えますが、このようなメリットもあるのが造花の強みですね^^

笹・竹の造花をお探しの方はこちらなんかいいかもしれませんよ?

スポンサーリンク

七夕の笹を代用できないか?

ホームセンターなどで売っている庭作り用の竹での代用もアリかもしれませんね。
ただ、この場合は笹がついてない場合もあるので、ある程度自分で作るようになることが前提に購入する事をおすすめします。

お子さんがいらっしゃるのであれば、一緒に作ってみるといいかもしれませんよ^^
物作りを体験させるのにもいい機会になると思いますし、自由研究の題材にも出来るのではないでしょうか?

まとめ

案外入手が難しい笹ですが、この機会に近くの花屋さんをローラー作戦してみて下さい^^
意外と扱っている花屋さんがあるかもしれませんよ?
また、なかった時の事も視野に入れて造花を探しておくのも忘れないでくださいね!

スポンサーリンク

-夏の行事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夏の行事

七夕に使う笹の保存方法は?気になる日持ちや造花の選択肢は?

七夕に欠かせないと言ってもいいぐらいの主役になるであろう笹。 あの青々とした笹を出来る限り劣化させないで七夕当日まで持たせる事が出来たらなぁと思ったことありませんか? 実はちょっとした手間をかけてあげ …

続きを読む

夏の行事

七夕の笹の処分は?短冊の処分方法には神社での焚き上げがおすすめ

七夕が終わった後の笹や短冊ってどのように処分していますか? 結構処分の方法に困っている方が多いのではないかと思います。 特に短冊なんかは、願い事が書いてあるので普通に捨ててしまう事に躊躇してしまう事も …

続きを読む

夏の行事

お盆のお供えでのしを薄墨で書く意味は?表書きの印刷や名前について

お盆のお供え物をデパートなどで買ってのしを付けて貰った事はありますか? その時の表書き、薄墨で書いているデパートや百貨店はありませんでしたか? この薄墨で書く事って実は意味があるんですよ。 「え?普通 …

続きを読む

夏の行事

浴衣を着る時に肌着の必要性、おすすめや代用出来る肌着は?

浴衣に肌着ってつけたほうがいいの? これ、結構聞く言葉なんですけど答えはイエスです。 ではなぜ?肌着を付けた方がいいのか? また、どんな物を基準に選べばいいのか?を分かりやすく説明しますね! スポンサ …

続きを読む

夏の行事

土用の丑の日の意味と由来は?うなぎを食べる意味とうのつくものとの関係

夏の土用の丑の日。 この言葉を聞いてうなぎを想像した人は多いのではないのでしょうか? そもそも何故土用の丑の日なんでしょう? そして、必ずうなぎでないと食べてはいけないのか? はたまた、うなぎ以外に何 …

続きを読む