そこんとこ気になる

気になった事をその都度ブログに掲載してます。

夏の行事

七夕の笹の処分は?短冊の処分方法には神社での焚き上げがおすすめ

投稿日:2017年4月26日 更新日:

七夕が終わった後の笹や短冊ってどのように処分していますか?
結構処分の方法に困っている方が多いのではないかと思います。

特に短冊なんかは、願い事が書いてあるので普通に捨ててしまう事に躊躇してしまう事もあると思います。

笹の処分方法と、短冊の後始末について参考になればと思います。

スポンサーリンク
  

七夕の笹の処分はどうすればいい

楽しい七夕の後に待っているのは?片付けですよね・・・
七夕で使った笹の処分に困っている方って結構多いのではないでしょうか?
まず、七夕で飾った飾りと一緒に処分をするべきなのか?はたまた、笹だけで処分をしてしまっていいのか?

こちらに関しては笹は笹で処分をした方がいいと言えます。と言いますのも、ひと昔前であれば七夕送りといいまして、地域によりけりですが笹の短冊、飾りを付けたまま川に流したり、燃やしたりと言うことが出来ました。
これは灯篭流しの感覚に近いやり方です。

ですがここ最近、環境汚染の問題が取りざたされていますよね。。。
そういった意味でも上記のような処分方法は避けて頂いた方がいいです。。。
「じゃあどーやって処分すればいいのよ!!」ってなりますよねw

実際にはいくつか処分方法がありまして、自治体で無料回収している場合がある事と、燃えるゴミで出してしまう事です。

また、この時に笹についている飾りや短冊も一緒に出してしまう方もいますが、個人的にはあまりお勧めしません^^;
やはり、願いを込めて書いた短冊なだけに捨てづらいと言うのもありますし、何より願い事が叶わなくなってしまうのではないか?と思うんですよね^^;

もし、短冊も一緒に処分をされるようでしたら、くれぐれもお子さん等が見ていない所で処分されることをお勧めします。
でも、のちにいい思い出にもなるので取っておいて損はないと思いますよ^^

七夕で書いた短冊の処分方法

では、七夕で書いた短冊をどのようにしたらいいのか?
短冊は庭の土に埋めたらいいと言うのと、短冊は燃やしてしまう、短冊を川に流す。
それかゴミとして出してしまうかに分かれると思います。

自分なんかが小さい時は笹の葉と一緒に燃やして願い事を煙に乗せて天に届けるなんて話を聞いたことがあります。
このあたりはお盆の迎え盆や送り盆と似ている部分がありますよね^^

もし、ご自宅の庭で燃やせるようであれば、笹と一緒に短冊を燃やしていただければいいですし、笹はゴミで出してしまって、短冊や七夕飾りだけを燃やしていただいてもいいと思います。
ご自宅で燃やす場合には必ず消火用の水を用意して、燃やした後には必ず水をかけてくださいね!
火の気が残っている場合がありますので^^;

また、土地柄どうしても燃やせないような場合には近くの土に埋めてしまうのもいいと思います。

七夕が終わり役目を果たした短冊をあえて燃やしたり捨てたりしないで記念にとっておき、時間が経った後に写真と一緒にアルバムに貼りつけたりするのもまた一つ思い出作りとしてはいいかもしれませんよ?^^

スポンサーリンク

七夕の短冊を神社で焚き上げてもらう

どうしても土に埋める事や、燃やすことに抵抗がある場合には神社で焚き上げをしてもらうことをおすすめします。

神社に短冊を持っていき、焚き上げて欲しい事を伝えるとやって頂ける神社があるかもしれません。
自宅で燃やすのはちょっと・・・って方などは一度もよりの神社に聞いてみるのも一つの手です。

こちらに関しては神社様によりけりでやっていると事とやっていない所がありますので、短冊を持っていく前に確認をしてみて下さい。
もし、焚き上げしてもらえるようであれば、捨てるよりはいいと思いますのでやって頂いた方がいいと思いますよ^^

せっかく書いた願い事ですから、きちんと処理したいものですものね?^^;

まとめ

普段、ゴミとして出してしまっている方もいらっしゃると思います。
今年からはちょっと短冊の後始末や笹の処分方法をこの記事を参考に考えてみてはいかがでしょう?

是非、思い出に残る七夕にしてくださいね^^

スポンサーリンク

-夏の行事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夏の行事

浴衣をメンズが選ぶ際の選び方!サイズの測り方や必要な物は?

夏祭り、花火大会、これからの季節徐々に聞く機会が増えてくると思います。 普通に洋服で行くのもアリですが、今年は浴衣を着て夏祭りに行ってみてはどうですか? 特に大切なあの人と行く夏祭りに、あなたが浴衣で …

続きを読む

夏の行事

土用の丑の日の意味と由来は?うなぎを食べる意味とうのつくものとの関係

夏の土用の丑の日。 この言葉を聞いてうなぎを想像した人は多いのではないのでしょうか? そもそも何故土用の丑の日なんでしょう? そして、必ずうなぎでないと食べてはいけないのか? はたまた、うなぎ以外に何 …

続きを読む

夏の行事

脇汗をかいて臭いがする原因とは?臭いを抑える方法や対策は?

夏場にかく汗で困った事、ありませんか? 特に脇の下の汗。 あの脇の下の汗って独特の嫌な臭いをさせてしまいますよね・・・ でも、何故脇の下の汗がそもそも独特の嫌な臭いがするんでしょう。 その原因と対策方 …

続きを読む

夏の行事

暑中見舞いを手作りしたい!アイデアやデザイン、簡単に作る方法は?

毎年だしている暑中見舞いだけど、なんかいっつも同じ感じになっちゃう・・・ そんな思いをしている方はきっと多いかと思います。 そこで、今回はちょっとしたはがきのアイデアや簡単に作れる方法をまとめてみまし …

続きを読む

夏の行事

お盆のお供えでのしを薄墨で書く意味は?表書きの印刷や名前について

お盆のお供え物をデパートなどで買ってのしを付けて貰った事はありますか? その時の表書き、薄墨で書いているデパートや百貨店はありませんでしたか? この薄墨で書く事って実は意味があるんですよ。 「え?普通 …

続きを読む