そこんとこ気になる

気になった事をその都度ブログに掲載してます。

夏の行事

お中元のお礼状をはがきで出す?書き方って?書くときの例文を紹介!

投稿日:2017年3月27日 更新日:

お中元を貰って、お礼状を出そうと思っているけど、お礼状ってはがきで送っても問題ないもの?
はがきで送ったら失礼になるのではないか?
そんな疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか?

普段から会社の関係でお礼状を出す等していなければ触れる事の機会がない物ですし、ましてや今までお中元なんてもらったことがないって方もいらっしゃると思います。

お中元のお礼状ははがきで出しても問題ないいのでしょうか?
また、もしお礼状を書くときには文面はどうしたら?書き方のポイントって?
そんな疑問を解決していきましょう!

スポンサーリンク
  

お中元のお礼状ははがきで出しても大丈夫?

お中元のお礼状ってはがきで出しても実は問題はないんです。むしろはがきで済ましてしまう方の方が多いのではないでしょうか?
ただ、はがきでは到底気持ちを伝えきれない!!何て方もいるかと思います。
そんな時には封書でのお礼状を送る事をお勧めします。

と言いますのも、はがきは文面が見れてしまうため、プライバシーもへったくれもあったもんじゃありません。
なので、長くなりそうな場合やプライバシーを含めた話の場合は封書にして送るとよいでしょう。
また、目上の人へのお礼状を出す場合にも、基本的には封書で出すのがマナーであり、丁寧であると言えます。

使うはがきとしては官製はがきを使っていただいて構わないのですが、季節感のある上品な絵葉書で出したりするのも人気みたいです。
もらった相手の気持ちを考えて、絵葉書で送るなどもいいかもしれませんよね^^

また絵葉書もいいですが、私製はがきなども視野に入れて考慮するとまたより一層選び方に幅が広がりますよ。
最近では色んな私製はがきが出ていますから、その中かから選んで送るのもひそかーに人気みたいです。

お中元のお礼状、はがきでの書き方は?

はがきを書くとき、やはり書き方のポイントと言うのがあります。
今回はお中元と言うことなので、お中元のお礼状を書くときのポイントなのですが

1.挨拶の言葉

2.お中元を貰ったことに対する感謝の言葉

3.相手の事を想う言葉

4.日付、差出人

この4つがポイントになります。

また、はがきを書く際に縦書きが良いのか横書きがいいのか迷われる方もいると思いますが、基本的にお礼状を書く場合は縦書きだと覚えておいてください。
あと、暑中見舞いなんかも縦書きですね。

1の挨拶の言葉と言うのは季節を表す言葉などが使われます。
例えば、「夏空がまぶしく感じられるころとなりました。(お元気でいらっしゃいますか)」と言った具合の挨拶から入ります。

2のお中元貰ったことに対する感謝の言葉、例を出すと・・・
「この度はご丁寧なお心づかいを頂き、本当にありがとうございました。」
と言った感じの文面でお相手から頂いたお中元に対して感謝の言葉を書きます。

3の相手の事を想う言葉は
「しのぎがたい暑さが続きます。くれぐれもご自愛ください。」等、お相手の事を気遣う文面。

4の日付、差出人で最後は〆ます。
ざっくりこの4つのポイントを押さえて書いていけば問題ありません。
また、ここに出した例は固い感じになっていますが出すお相手によって文面を変えて出していただいて構いません。
あくまで例文ですので^^;

例えば、3の相手を想う言葉、こちらを「暑さはまだ続くようです。皆様どうぞご自愛ください。」等、送る相手によっては砕いて書いていただいて結構です。

スポンサーリンク

お中元のお礼状をはがきで出す時の例文

ここで、例文としてこんな感じで書いてみるといいですよーって言うのを紹介しますね。

拝啓 

夏空がまぶしく感じられるころとなりました。○○様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
この度はご丁寧なお心づかいを頂き、本当にありがとうございました。
いつもながらの細やかなお心遣いに恐縮するばかりです。
頂いたお品、大変美味しく召し上がらせていただきました。
おかげさまで、私どもは元気に過ごしております。
夏休みに東京にお越しの際は、ぜひ我が家にもお立ち寄りください。
家族皆でお待ちしております。
暑さはまだ続くようです。皆様どうぞご自愛ください。
略儀ながら書中にてお礼申しあげます。ありがとうございました。

敬具
平成○○年○月○日

以上のような例文をご自身の都合に合わせて、文面を変えて書いていただければいいかと思います。
正直言うと、お礼状辺りはどれも文章が似たか寄ったかになってしまいがちになりますのでご自身の状況報告などを盛り込むことによって、個性が出る文面に仕上がると思います。

まとめ

お礼状に関するポイントをいくつかまとめてみました。
是非、この記事を参考にお礼状を書いてみてください。

スポンサーリンク

-夏の行事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夏の行事

七夕の笹の処分は?短冊の処分方法には神社での焚き上げがおすすめ

七夕が終わった後の笹や短冊ってどのように処分していますか? 結構処分の方法に困っている方が多いのではないかと思います。 特に短冊なんかは、願い事が書いてあるので普通に捨ててしまう事に躊躇してしまう事も …

続きを読む

夏の行事

お中元のお返しは必要?両親には?お返しする場合の金額は?

夏の時期になってやってくるお中元。 貰うのはいいんですが、お返しってそもそも必要なのかなぁって思っている方も少なくないと思います。 でも、なんとなく返さないと失礼なんじゃないかって思いますよね? その …

続きを読む

夏の行事

上司にお中元は贈るべき?おすすめは何?相場はどのくらい?

上司にお中元って送った方がいいの? 今までそのような場面に出くわしてこなかった人なら余計に迷いますよね? また、会社に入りたてでその辺りの事がよく分からない人もいると思います。 もし贈るとすればどんな …

続きを読む

夏の行事

お盆に牛や馬をお供えする意味とお供えする向きとその作り方

お盆を迎えるにあたって、きゅうりとなすで作ったお供え物を見たことがあると思います。 あれって実はご先祖様を迎え入れる、もしくは送り届けるためにとっても大事な物なんですよ。 お供えするのは知ってるんだけ …

続きを読む

夏の行事

お盆に迎え火と送り火ができない場合には提灯だけでも問題ないか?

お盆を迎えるにあたって、迎え火と送り火ってあるのはご存知でしょうか? 中にはきちんとした理由を分かっておらず、なんとなくでやっている方もいらっしゃると思います。 また、火を使えない様な場合にはどのよう …

続きを読む