そこんとこ気になる

気になった事をその都度ブログに掲載してます。

夏の行事

お中元を送るのをやめる時には?タイミングは?手紙は必要?

投稿日:2017年3月25日 更新日:

毎年、送ることが当たり前になっているお中元。
当たり前になっているからこそ、送ることをやめたい。
また、何かを転機にやめたいと思っている方も多いのではないでしょうか?

そんなお中元を送ることをやめよう、やめたいと思っている方の為にお中元を送るのをやめるためのポイントをいくつかまとめてみました。

スポンサーリンク
  

お中元を送ることをやめる、やめたいけど中々できない・・・

お中元を辞めたいと思う理由って様々ですよね。子供の進学にお金が掛かる人や、住宅ローン、車のローン等。。。
正直、自分の生活を圧迫する最中で、追い打ちをかけるかのようにやってくるお中元・・・
「お中元さえなければなぁ」と思っている方もいると思います。

中にはその時にだけの付き合いで未だにお中元を送っているという人もいるのではないでしょうか?
そもそも、お中元はお世話になった人に送る物です。ですが、今まで送っていたものを急にやめるということは気が引けてしまいますよね。

送る事をやめるのにも、タイミングって大事になってくるんです。
お中元を送ることをやめたい場合の上手なタイミングをご紹介します。

お中元をやめるタイミングって?

結婚式の仲人などを依頼した人、そんな方にお中元を送っている方が中にはいらっしゃるのではないかと思うのですが、こちらに関しては3~5年を目安で送る事をやめるのが一般的みたいです。
また中には相手側からお断りの言葉が来ることもあるみたいです。

そして、一番現実的なのが、自分、もしくは相手の生活環境が変わるのを目安でお中元を送ることをやめるというのが、一番断りやすいタイミングになるかと思います。

例としては・・・

・引っ越し、結婚、出産、転勤、退職、子供の進学
・身内が不幸のタイミング(あまりいい意味ではありませんが)
・お歳暮のみに絞る
・送る事が虚礼ではなく義務だと思うならきっぱりと辞めてしまった方がいい。(本来のお中元とは無縁になってしまうため)

などです。

ですがあくまでタイミング、お中元を送る事をやめるのにこれ!という事例がないのは確かです。
上記に挙げたような環境の変化があるような方は、一言文面を添えてお中元を送ることを断るのも一つの解決策になると思います。

また、身内同士であれば、旦那さんや奥さんに一言家族に伝えてもらうということをするとトラブルを未然に防ぐ事も出来ます。

スポンサーリンク

お中元をやめるときに送る手紙の文面ってどうすればいい?

いきなりお中元を送る事をやめてしまうのでは、相手に失礼にもなりますし、送る側としてもあまりいい気分ではありません。

ここは一言、お中元を送る際に、文面を添えて今後の送って頂く事をお断りすることをおすすめします。

拝啓  時下ますますご清栄の段、お慶び申し上げます。

暑さ厳しい日が続いておりますが、お元気にお過ごしのことと存じます。

さて、この度はお中元を頂戴しまして、誠にありがとうございます。

早速、家族で旬の味覚を美味しくいただきました。
いつも何かとお気をかけていただきまして、厚く御礼申し上げます。

お気持ちのみ有り難く頂戴、そして何よりあたたかいお心遣い感謝申し上げます。
日頃なんのお役にも立てず恐れ入ります。
どうぞ今後はお気遣いなさいませんように。

お二人のますますのご多幸をお祈り申し上げますとともに、お礼のご挨拶にて失礼いたします。

文面は例になりますが、このような文面を一つ添えることにより後腐れ感がかなり無くなると思います。
ここに出ている文面の例をご自身のご都合のいいように変えて送って頂いてもかまいません。

また、暑中見舞いや、残暑見舞いのときに上記のような文面でお断りの文章を添えてもいいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
お中元をやめたいと思っているあなたにお役立ちなりましたでしょうか?
こちらを参考にトラブルの無いよう、気持ちよくお中元を送る事をやめる事が出来れば幸いです。

スポンサーリンク

-夏の行事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夏の行事

お中元を喪中の人に送る場合は?のしの選び方や贈る時期は?

喪中の時のお中元ってどうなんだろう?送っていいものなのかそれとも送らない方がいいべきものなのか。。。 そんなどっちか分からないという人もいると思います。 マナー違反にならないために一度ここでお中元のマ …

続きを読む

夏の行事

お盆に牛や馬をお供えする意味とお供えする向きとその作り方

お盆を迎えるにあたって、きゅうりとなすで作ったお供え物を見たことがあると思います。 あれって実はご先祖様を迎え入れる、もしくは送り届けるためにとっても大事な物なんですよ。 お供えするのは知ってるんだけ …

続きを読む

夏の行事

お盆のお供えでのしを薄墨で書く意味は?表書きの印刷や名前について

お盆のお供え物をデパートなどで買ってのしを付けて貰った事はありますか? その時の表書き、薄墨で書いているデパートや百貨店はありませんでしたか? この薄墨で書く事って実は意味があるんですよ。 「え?普通 …

続きを読む

夏の行事

暑中見舞いの時期はいつからいつまで?喪中の人に出す時のマナー

暑中見舞いを出そうと思っているけど、そもそも暑中見舞いっていつからが暑中なんだろう? 意外にも暑中見舞いを出しても良い時期って決まっているんですね。 でも、年賀状のように毎年送っているという人は少ない …

続きを読む

夏の行事

お中元のお礼状をはがきで出す?書き方って?書くときの例文を紹介!

お中元を貰って、お礼状を出そうと思っているけど、お礼状ってはがきで送っても問題ないもの? はがきで送ったら失礼になるのではないか? そんな疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか? 普段から会社の関 …

続きを読む